株取引情報サイト AYAの株取引

相場のターニングポイントや現況の解説も交えて投資の理論や実践まで幅広く扱ってます
<< 株取引 株価の波動を応用した中期投資法 | main | 株取引 セブン&アイとミレニアムの経営統合は流通再編の序章か? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
株取引 資産内容が良く株価が安い銘柄はM&AやTOBで狙われる
昨今の株式市場で再三にわたって話題となるM&A(企業買収)TOB(株式公開買付)は、投資家サイドとしても見逃せません。

ご存知、ライブドアや楽天のフジテレビ、TBSの買収劇は記憶に新しいところです。
そこで、今日は狙われやすい企業を知っておいて儲けの種にしようというお話です・・・。

もし貴方が、企業を買収しようとする側の経営者でしたら、ゼロから新事業を立ち上げるよりも、業界でもそれなりに成功している企業を買収して、自己の企業を伸ばす方がスピードが速く、しかもリスクも少ないと思うでしょう。

そこに既存企業の買収の大きなメリットがあるのです。

しかし、もう一方、企業の成長のためではなく純粋にキャピタル・ゲインを目指すために株式を買い占める場合もあります。

よく話題にのぼる、村上ファンドなどの買収行動は、このような投資行動に当てはまるものといえます。

彼等は、対象となる会社の保有する資産に目をつけて買収し、企業価値を高めて(又は売却価値の高い会社買収して)売却するのです。

特に、資産(現金が豊富)の豊富な会社で市場価格(株価)が安い会社は狙われやすいのです。

例えば、一株株主資本よりも極端に株価が安い会社で、固定資産の価値が毀損していない(評価損のない)会社は、もしその株を当該価格で買ったら、買った時点でもう利益がのっていると同じです。

極端なことを言えば、その時点で買収して会社を解散すれば、残余資産の分配にあずかるだけで儲かるのです。

株価が暴騰する前に、このような会社を探して仕込んで置いたら、貴方は儲かることが保証されたも同然です。

ヒントは「現金同等物」が多く、株価が「一株株主資本」よりも安い銘柄です。

株の極秘情報が無料でGETできます。
株式無料レポートランキング

株式投資虎の巻
| AYA@管理人 | - | 11:31 | comments(1) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 11:31 | - | - |
いつも楽しく拝見させてもらってます。最近メルマガとホームページをブログに移行していまして、もしよろしければ、相互リンクをお願いします。
| 盛田 | 2005/12/27 4:40 AM |









    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PROFILE
新着記事
+ LINKS