株取引情報サイト AYAの株取引

相場のターニングポイントや現況の解説も交えて投資の理論や実践まで幅広く扱ってます
<< 株取引 外人待ち株比率の変化に注目してお宝発掘 | main | 株取引 資産内容が良く株価が安い銘柄はM&AやTOBで狙われる >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
株取引 株価の波動を応用した中期投資法
式相場は、景気変動を如実に映して上下動を繰り返しています。

その景気変動には、長期循環・中期循環・短期循環等、色々な周期で変動しています。

そこで具体的な波動(景気循環)の種類をあげて、貴方の景気に対する理解を深めていただきますと・・・。

○ コンドラチェフの波(約50年周期のスーパー・サイクル)
○ ジュグラーの波 (約10年周期のサイクル)
○ キチン・クラムの波(約3年周期のサイクル)
○ インターミディエート波(約6ヶ月のサイクル)
○ マイナー波    (約6週間のサイクル)

以上、長期波動の中に短期波動がそれぞれ含まれる形で様々な波動が存在しています。更に、株式相場では日足サイクルとして細かく見てゆくこともあります。

それぞれのサイクルは「エリオットの波動論」で説明することができます。

一波動は「上昇一波動 → 下降一波動」の二つの波動から構成されます。そして、上昇一波動の中には更に小さい波動が含まれています。

その波動は;
(上昇一波動の中に)「上昇→下降→上昇→下降→上昇」の五波動があり
(下降一波動の中に)「下降→上昇→下降」の三波動が含まれています。

つまり、大きな波動の中に更に小さな上下八波動が含まれて構成されています。

ここでこの習性を投資に応用する場合には、長期で見て行きますと「上昇五波動→下降三波動→上昇五波動→下降三波動→上昇五波動」で上昇します。

また、下降する時も「下降五波動→上昇三波動→下降五波動→上昇三波動→下降五波動」の順でさげます。

この他に「エクステンション」の説明もしたいのですが、複雑になりますのでここは省略します。

なんだか「難しいな〜」と思われた方、心配なさらないでください。
一応「そういうことなのだ」くらいの理解でかまいません。
大切なのはこの上下の波動を捉えて利益をだすことです。

ここで、しっかり理解して頂きたいのは「どんな株にも波動の上下がある」ということです。

そして、この波動の「谷」で買い「山」で売りの繰り返しで、効率よく利益を実現できるということを理解して頂きたいのです。

そのためには、波動を計るテクニカル分析が必要です!

株の極秘情報が無料でGETできます。
株式無料レポートランキング

株式投資虎の巻
| AYA@管理人 | - | 11:51 | comments(1) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 11:51 | - | - |
はじめましていつも勉強させていただいてます。
ぜひこれからも訪問させていただきたいと思い、
今日は相互リンクのお願いに参りました。
未熟なblogですがご検討くださいませ。
| しゅう | 2005/12/25 1:36 PM |









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PROFILE
新着記事
+ LINKS