株取引情報サイト AYAの株取引

相場のターニングポイントや現況の解説も交えて投資の理論や実践まで幅広く扱ってます
<< 株取引 一時2000年10月以来の1万6000円乗せ | main | 株取引 外人待ち株比率の変化に注目してお宝発掘 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
株取引 終わってみれば強さだけが残る東証
昨日の東京株式市場は3日続けての大幅高の後だけに、一時、日経平均は200円近く下げる場面もありましたが、引けてみれば16円20銭安で強さだけが印象として残る展開となりました。

TOPIXは更に強く1.51ポイント高で来年の相場を暗示・示唆している内容となっています・・・。

昨日の相場で目立った動きは、先般の日清紡に続いて、ダイワボウが鳥取大学と連携して鳥インフルエンザ・ウィルスを1分間で99.99%減少させる効果がある「抗ウイルス不織布」を開発したと発表してストップ高を演じました。

今後この手の材料には注目しておくことは千載一遇のチャンス掴む上で大切といえます。

薬品株にも目を向けてください。なにしろ癌・エイズと並んで世界的な医学の課題なのですから。

さて、来週は今年最後の立会い週ということもあり、投資家の間でも色々な思惑がとりざたされる取引内容となるでしょう。

投資主体別売買動向では、この半年ほど外人投資家の買い越しが続いておりましたが、今週、6月第3週以来の売り越しになりました。

このサイトでも再三クリスマス休戦を唱ってきましたが、ここで裏付けられたかっこうです。そうすると、今回の上昇は、黒い目の外人の買いということでしょうか!何とも心強い限りです。

来週からはクリスマス休戦中の外人が再度参戦してくるでしょうし、今月で外人の年度末も終了しますので、運用できる資金のたがが外れて新年には更なる資金の流入が見込めます。

ここは来年の仕込み場と考え、安いところは外人に先回りして拾って置くのが上策でしょう!

負けるな日本の投資家!

株の極秘情報が無料でGETできます。
株式無料レポートランキング

株式投資虎の巻
| AYA@管理人 | - | 11:12 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 11:12 | - | - |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
PROFILE
新着記事
+ LINKS